EMSとはいったい何?本当にダイエットに効果的なの?

EMSって何か知っていますか?
EMSとは正式名「Electrical Muscle Stimulation」の略です。

 

電気による刺激を直接筋肉に与えることで、
実際に筋肉を動かしてトレーニングできる器械という意味です。

 

難しく言っていますが、
有名なところで言うと、
シックスパッドやスレンダートーンの様な機械です。

 

EMSってそもそも何なのか?
EMSで本当に筋肉が付くのでしょうか?
説明していきます。

EMS開発の目的と販売の経緯とは?

こういった低周波の電気的仕組みを使った器具は、
1960年代頃に開発されました。

 

その頃の開発の目的は医療器具で、
身体のリハビリや痛みと取るといった効果を、
目的としていました。

 

最初はそういった医療器具として利用されていましたが、
次第に筋肉を刺激して、
しかも筋肉を強化できるということに気がついて、
徐々にスポーツ選手達のトレーニング用に開発されるようになりました。

 

器械は更に進化し、
コンパクト化して高周波や干渉波などの、
より効果的な周波数を搭載することで、
EMSはダイエットや筋肉トレーニングに活用されるようになりその後、
徐々に一般の人達にも広く販売されるようになりました。

続けるのが難しい自分でやる筋肉トレーニング

そもそも人間の筋肉は、
脳の指令があって初めて動くようにできています。

 

たとえば、歩いていて転びそうになった時に、
転ばないように筋肉を使って身体の向きを変えたり、
力を入れたりしますが、
これも脳からの指令によって、
筋肉が動くようにできているからです。

 

筋肉トレーニングが辛いと感じてしまうのは、
頑張って自ら筋肉を動かさなければならないからです。

 

いくら頑張っても筋肉は急激に発達するものではなく、
しかも思った場所を効率よく鍛えるのには難しいものがあります。

筋力トレーニングの嫌な点とは?

そして、なんといっても筋肉トレーニングには、
常に「辛さ」や「痛み」がつきまといます。

 

「辛さ」や「痛み」を伴っても続けていくためには、
大きなモチベーションも必要になってきます。

 

最初のうちは頑張ろうと張り切ってはいても、
最初の気持ちを持ち続けるというのはとても難しいことで、
筋肉トレーニングがなかなか継続できない理由も、
そのあたりにあります。

 

自分で計画的に強い意志をもって、
筋肉トレーニングを続けるのが無理だという人には、
なかなか続かないという難点があります。

EMSの良い点とその効果とは?

そこで登場したのがEMSトレーニング機器です。

 

楽に筋肉とレーニングができるのが、
EMSという器械なのです。

 

電気信号をダイレクトに筋肉に流してくれるので、
勝手に筋肉がトレーニングを始めます。

 

電気信号と言っても痛いわけではありません。
また、場所や時間もとらず、
勝手に痩せていくというメリットがあります。

 

是非迷っている方は、
一度使ってみると良いでしょう。

コメントを残す