なぜEMSトレーニング機器で筋肉がつくのか?

実際に身体を動かさずにどうし、
筋肉を鍛えることができるのか?

 

また、

  • 電極を張り付けたり、装着するだけで、本当に効果があるの?
  • どれだけの期間で使用したら効果がでる?

といった疑問があると思います。

 

電気だけで筋肉なんてつくはずない
って私も思っていました。
でもつくんですよ笑

 

どうやって付くのかを解説します。

本来の筋肉をつける方法とEMSの違いとは?

本来、筋肉を発達させるためには、
人間が自分の意思で脳から指令をだして、
筋肉に力をかけて収縮させなければなりません。

 

EMSトレーニング機器では、
自分の意思に関係なく、
鍛えたい部分の筋肉に関係する神経に、
電気的刺激を加えることで、
脳が指令を出すことと同じように、
筋肉を収縮させることができるのです。

 

運動に関係なく、
また高速で信号を与えますから、
貼ったり装着するだけで、
楽に効果的に鍛えることができます。

EMS機器の実際の利用実績は?

臨床医学の現場では、
脳梗塞などを発症した方で、
自由に手足を動かせない場合、
リハビリテーションのために使われることがあります。

 

また、宇宙飛行士の宇宙空間滞在中の、
筋力維持のためのトレーニングとしても使用されています。

 

EMSトレーニング機器は既に、
筋肉を効果的に鍛える器具であることが証明されていて、
これを腹筋や気になる部分に使用することで、
鍛える効果があると考えられてきました。

EMSの筋力トレーニング効果を実証した記録とは?

米国ウイスコンシン大学ラクロス校で、
40人を対象に行った研究結果があります。

 

その結果、
EMSトレーニング機器では、
筋力と持久力を増加させるのに有効だった。
と報告されました。

 

全て被験者で、
EMSトレーニング機器の結果で、
腹部の筋肉がしっかりしたものになった。
という結果も出ました。

 

さらに、
重や皮下脂肪の変化はなかったが、
腹部と腰部の胴囲が減少した。
という結果がでています。

 

この通り、EMSは間違いなく、
筋トレ効果がある方法なのです。

EMSトレーニング機器で効果を上げるためには?

EMSトレーニング機器だけでは、
急激な効果は期待できませんが、
色々なトレーニングを複合させて行うことで、
EMSトレーニング機器の効果をあげることができます。

 

例えば筋肉の部位によっては、
EMSトレーニング機器だけでは、
あまり効果が得られない場合もありますから、
実際の筋肉トレーニングと併用することでより効果が得られます。

 

プロアスリートも使用していますから、
迷っていたら使うべきトレーニングアイテムです。

コメントを残す